勝手な開封は厳禁、遺言書を見つけたときの対処法

相続トラブルを避けるために遺言書を書いておくという方も多くいらっしゃいます。しかし、その遺言書を正しく扱わないと、思わぬ相続トラブルに発展してしまう恐れがあります。そうならないためにも、遺言書を見つけた場合はどうしたらいいのか、誰に相談するのがベストなのかを知りましょう。

遺品整理で遺言書を見つけても勝手な開封はトラブルの元

遺品整理を行っていて、故人の遺言書を見つけても、勝手に開けてみてしまうというのはやめましょう。思わぬトラブルに発展する恐れがあります。遺言書を見つけた時の正しい対応としては、全ての相続人に遺言書の存在を知らせて、家庭裁判所にて開封するというのが正しい方法です。こうすることで相続トラブルを回避することができるので、正しい方法で開封しましょう。うっかり自分で開封してしまったからといって、遺言書が無効になるということはありません。しかし、後々の親族との関係や法律的な側面を考えると、家庭裁判所で開封するというのが一番良い方法なのです。仙台でも、遺言書のトラブルは多く見られる問題です。

封印のある遺言書は裁判所での開封義務がある

意外と知られていないことですが、封印してある遺言書を勝手に開封するのは法律違反です。実際に罰金刑を受けたというケースは非常に少ないのですが、違法ということを知っておきましょう。家庭裁判所で開封することは、遺言書を誰かの都合の良いように書き換えられてしまうことを避けるという意味もあります。家庭裁判所に相続人全員で行き、皆の目の前で開封するという形が正しい方法です。そうすれば遺言書に間違いや不正が無いことを確かめられますので、トラブル回避に繋がります。裁判所というと大げさなイメージがありますが、正式な遺言書は裁判所でなければ開けることができないのです。

遺言書を正しく開封して、親族間のトラブルを回避しましょう

遺品整理をしていたら、遺言書がいくつも出てきたというケースはよく聞かれることです。そのような時は同じ内容のものは日付が新しい遺言書が有効になるなど、私たちが詳しくない相続の法律がたくさん絡んできます。勝手に開封してしまったばかりに、あらぬ疑いをかけられたりする場合も考えられます。特に相続という問題はトラブルが起きやすいデリケートなことなので、法律に詳しいプロに介入してもらうようにしましょう。もちろん、遺言書の対処に困ったら、遺品整理業者に相談するというのも良い方法です。正しい遺言書の扱いなどをアドバイスいたしますので、家庭裁判所に行くまでの段取りも付けやすくなります。

仙台で遺品整理をお考えならリクエストにご連絡下さい。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!