【生前整理と遺言状】遺言状って書いた方がいいの?メリットは?

生前に遺品整理のひとつとして、遺言状を残しておく方は少なくありません。そのメリットには、どのようなものがあるのでしょうか。検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

遺言状は書いておくべき?書いておくメリットは?

遺言状は、亡くなる前に故人が家族に必要なことを書き残した書面です。この遺言状を書いておくことの最大のメリットは、相続人同士のもめごとやトラブルを回避できることでしょう。遺言書に誰に何を相続するのか記述しておくことで、確実に争う可能性が減り、スムーズに相続を得ることができます。そのため相続を巡って家族会議を何回も行うこともなくなり、全員が納得して財産分与を受け取れるのです。相続をきっかけに家族間でもめることはよくある話なので、これは大きなポイントといえます。また、希望であれば、遺言書に子供の妻や孫など、法定相続人以外の名前とともに相続権を与える記述をすることで財産を与えることも可能です。

有効として扱ってもらえる遺言状の書き方

遺言状には3種類の方法があります。その中で最も有効な遺言状は、公正証書遺言です。これは法律に沿って公証人が公証役場で作成するものなので確実な遺言状となり、開封時の検認も必要ありません。ほかに自分で紙に書き残す自筆証拠遺言、亡くなるまで秘密にしておきたい内容が記載できる秘密証書遺言がありますが、これらは家庭裁判所で行う開封時に検認する必要があります。検認されなければ無効となってしまうので、注意が必要です。確実に有効となる遺言状を残しておきたい場合は、公正証書遺言を残しておくといいでしょう。財産を多く抱えているとき、その額が大きいとされる場合にも適しています。

正しく遺言状を作りたいならプロの力を借りましょう

遺言状は、自筆証拠遺言のように紙とペン、印鑑さえあれば簡単に作成することができますが、その効力を確実にしたい場合はプロの力を借りるのがよい方法でしょう。家族のためにせっかく残しておいたのに、それが無効になってしまっては生前の思いを反映させることができません。また、相続を巡って家族間の争いやトラブルを招いてしまう可能性があります。こうした話し合いは長引くことが多く、一向に解決しない場合も少なくありません。大切な家族がいつまでも円満に過ごせるように、法律にのっとった正しい遺言状を作成しておきましょう。そうすることで、後悔のない生前整理をすることにもつながります。

まとめ

正しい遺言状を作成しておくことで家族のもめごとを回避し、不安なく余生を過ごすことができます。仙台で生前整理に伴う遺言状の作成にお悩みの場合はリクエストまでお任せください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!