もし遺品に刀があった時にやらなければいけないことと処分方法

もし遺品に刀があった時にやらなければいけないことと処分方法

もし遺品に刀があった時にやらなければいけないことと処分方法

遺品整理では、思わぬ品物が出てくることがあります。刀剣類や銃砲などはその最たるものでしょう。知らない刀剣の処理についてお教えいたします。

まずは刀に「登録証」がついているかチェック!

刀剣や銃砲の所持は登録制になっています。誰でも保持して良いものではありません。しかし、古いご家庭では、蔵などに刀剣が眠っている可能性もありますので、遺品整理の際に思わぬ発見をすることがあります。

家族も知らない刀剣が出てきたら、まずは登録されているものか確認してください。登録制以前から存在していることもありますので、登録がないからといっても即違法ではありませんが、そのまま放置していては不法所持となり違法になります。

登録証は登録されて入れば必ず保管されていますので、刀剣を見つけたらまず登録証を確認しましょう。登録証がなく不法所持になると懲役や罰金が科せられるので、速やかに登録を行いましょう。刀剣であっても落ち着いて対処してください。

刀を所持するなら所有者変更の手続きが必要

刀剣の登録証は「銃砲刀剣類登録証」と言います。「銃砲刀剣類登録証」は都道府県の教育委員会が発行します。登録証はそれを保持している人間に対して許可しているのではなく刀剣自身に交付されるものです。

登録証が存在している場合は、別に所有者も届出されていますので、名義変更が必要です。交付先の教育委員会に、所有者変更の通知をすれば良いです。登録証の情報と、旧所有者、新所有者の情報を手紙などで連絡してください。

なお、登録証がない場合は警察に届け出が必要になります。刀剣が本物であれば警察署へ持参して届け出を行います。警察署への届け出が終わると、教育委員会で登録証の発行手続きに進みます。

刀を処分するなら専門業者に相談するのが安心!

刀剣を保持することに不安を感じる方は多いと思います。遺品整理で突然に刀剣が出てきた場合は、ほとんどの方が困惑してしまうのも事実です。

敢えて手放してしまうのも選択肢のひとつです。登録証がなく価値が分からない刀剣であれば警察で相談し処分してもらうのも良いでしょう。しかし、登録証がすでに発行されているのであれば、美術品や古物としての認められたお墨付きを得ていることになるので処分するのは少々もったいないのでは。

ここはやはり専門の業者に相談するのが一番安心で安全かと思います。刀剣の処理は刀剣専門の買取業者はもちろん、遺品整理業者でも対応いたしますので、依頼していただいた際には遺品整理と同時に対応することができます。

まとめ

遺品整理で刀剣が出てきてしまうことは滅多にないとは思いますが、それだけに仮に本物の刀が出てきた時はほとんどの方が当惑してしまいます。遺品整理のプロである専門業者にご相談いただければ適切に対処いたします。

刀の遺品を処分したい時は、仙台で遺品整理を行っているリクエストにぜひご相談ください。

 

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!