親族が孤独死…ご遺体の引き取りから葬儀後の清掃・遺品整理の流れ


身内の方が孤独死をした後はどんな手続きや作業が必要なのかを知らないと、家賃をずっと払わなくてはならない、相続関係でトラブルになる等、困った事態に発展します。必要な手続きなど自分で行うのが難しい場合はどうするのがベストなのでしょうか。

ご遺体の引き取り後に必要となる手続き

もしも孤独死された方のご遺体を引き取ったとしたら、その後はどんな手続きをしなくてはならないのか悩む方は多いことでしょう。孤独死の知らせは突然来るものなので、仙台でもお困りの方は大勢いらっしゃいます。必要な手続きは、実は沢山あるのです。まずは孤独死された方の遺産を相続するのか破棄するかの相続手続き、住民税などの税金関係、国民年金の資格喪失手続きなどです。しかもこれは一部にすぎません。特に相続関係の手続きは早急かつ正確に行いましょう。もしも相続放棄するつもりでしたら、むやみに孤独死された方の部屋を片付けると放棄ができなくなる可能性があります。手続きは法律も関係している重要なことなので、分からない事があれば役所やプロの業者に相談しながら行いましょう。

賃貸の場合は速やかにお部屋の清掃を

アパートなどの賃貸物件で孤独死された場合は、早く部屋を空け渡さないとその期間分の家賃を払い続けることになります。ここで問題になってくるのが孤独死されてから発見されるまで長時間経過している時です。遺体を放置しておくと、部屋が悪臭でいっぱいで遺品整理ができる状態ではありません。しかし、部屋の大家は待ってくれません。1日でも早く部屋を綺麗な状態にして空け渡す必要があります。悪臭が無い場合でも、部屋がひどく散らかっていると、どこに貴重品類があるのか見当もつかないことが多く、親族のみで遺品整理をするのは時間も労力も精神力も大きくかかる作業です。

故人のお部屋での遺品整理はつらいもの。業者利用がスムーズ

孤独死された方の部屋を整理していると、「もっと気にかけていればよかった」などといろんな思いが頭をめぐるものです。中には孤独死させてしまった事に責任を感じてしまう方もいらっしゃいます。しかし、物があふれていてまったく遺品整理がはかどらないと自分や親族の心身の負担となります。そうならない為には、プロの遺品整理業者にお任せするのがおすすめです。手続きの代行や特殊清掃も請け負っているので、安心です。部屋の整理も早く済むので、家賃をずっと払い続ける必要も無くなります。

 

遺品整理をしなくてはならない部屋が特殊清掃をするのが必要な状態ならば、時間をおかずに早めに依頼されるとよいでしょう。遺品整理をしなくてはならないという思いからも解放されますし、きちんとした形で故人を送ることができます。孤独死された方のご遺体を引き取って、悩んでいる方は一人で抱え込まず、リクエストにご相談ください。

リクエストはご遺族がより良い形で故人を送り出せるように尽力いたします。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!