仙台市のゴミ問題の現状と家庭でできる解決の第一歩

地域によってゴミの問題は異なりますが、仙台市はどのようになっているのでしょうか。
そこで今回は、その現状と家庭でできるゴミ問題の解決策を含めてご紹介しますので参考にしてみてください。

仙台市の家庭ゴミの量は減少しているが混入している資源物の量は微増傾向

仙台市で出されるゴミのうち、最も多いのが家庭ゴミです。近年では市の呼びかけや生ごみを減少させようとの意識が浸透してきたため、ゴミの量は減少しているのですが、混入されている資源物の割合が増えていることが問題となっています。中でも、新聞紙や雑誌が通常のゴミとして出されることが多く、資源回収や定期的に行っている紙類の回収へまわすように今後も呼びかけを行っていき、市民の意識を徹底させるのが課題となっているのです。
また、分かりにくいとされるプラスチック製の容器包装も資源物なのですが、通常のゴミとして出されていることが多いので、広報などを通じて呼びかけを強化しています。

資源物が分別されないとどうなるか

資源物がきちんと分別されていなければ、まだリサイクルをすれば再生可能なものまで廃棄していることにつながります。また、ゴミの減少にもまだ貢献できるといえるでしょう。資源物がリサイクルされて、違う商品として生まれ変わればコスト削減にもなり、環境にも良いです。そのため、資源物はできるだけ多くの人が分別の仕方を知り、実施していくことでさまざまなことに貢献でき、自分にとっても良い影響を受けられます。市のゴミの量が減れば、違うものに予算を当てることもできるため、あらゆる面で良い環境を作ることができるでしょう。まずは、分別の方法を確認することから始め、取り組んでみてはどうでしょうか。

正しい分別がわからないものは不用品回収を活用しよう

市の広報誌などではゴミの分別方法について詳しく解説しているので、大変参考になります。しかし、中にはどのように分別したらいいのかわからないものもあるでしょう。特に、大型の粗大ゴミや不用品などは地域によっても処分の方法が違うので、必要な場合はよく確認する必要があります。もしわからない場合や面倒だと感じたときは、不用品回収を行っている業者に頼むことも良い方法です。業者に依頼すると適切な方法で処分するので、自分で調べる必要もありません。また、大型のものの移動は自分で行うととても大変ですが、業者に頼むことで簡単に時間をかけることなく処分できます。年配の方や忙しくて時間があまり取れない方にもおすすめの方法です。

まとめ

家にある不用品で分別がわからないものは回収業者に依頼することで適切に処分をしてくれます。仙台に住んでいる方で遺品整理や分別に悩む不用品はリクエストにお気軽にご相談ください!

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!