管理者が居なくなった建物での権利書・貴重品などの捜索の方法

近年では高齢者が管理者になっている不動産は非常に多く、唯一の管理者が亡くなってしまったため、放置状態となってしまう不動産もまた非常に多くなっています。
このような不動産の解体などを行う際には権利書や貴重品などをあらかじめ探す必要があります。
しかし、実際にそのような作業を行った経験がある方は少なく、ノウハウも持ち合わせていなければ、作業もスムーズに進められないでしょう。

今回はこの様なケースに直面した時のために心得ておくべき権利書や貴重品などの捜索方法について解説したいと思います。

一気に処分するわけにもいかない

管理者が居なくなり空き家状態になってしまった不動産を片づける際には、多くの人が手間を省くため、遺品などを一気に処分してしまおうとしがちです。
しかしながら、上述した様にこのようなケースでは権利書やその他の貴重品を探し出し、処分するものとは別にして保管しておかなければなりません。

このような事は一見すると多分な手間がかかるようにも思えますが、怠ってしまったことが後にトラブルの引き金となる事も少なくないため、細心の注意が必要です。

見つけた貴重品の扱いにおけるトラブル

不動産を解体する際やその内部の片づけを行う際に、遺品などを一気に処分してしまった事が引き起こすトラブルとしては、すべての作業が終了した後になって遺族と連絡が取れた場合などに多くみられます。特に権利書などをしっかりと捜索することなく遺品整理を行ってしまった場合、遺族の存在の有無を確認していない事も多く、トラブルにつながる事も多いと言えるでしょう。

また、このようなケースでは遺族にしかわからない貴重品や思い出の品なども同様に処分してしまっていると言う事も少なくありません。この場合、その貴重品の価値によっては損害賠償を請求されてしまうなどのトラブルも起こりえるため、注意が必要です。

片付けと捜索を同時に依頼しましょう

これらのトラブルを避けるためには、このような類の遺品整理に精通した業者に片付けと権利書や貴重品の捜索を同時に行ってもらうのが良いでしょう。
特に経験が豊富な業者の場合、このような遺品整理において起こりやすいトラブルのパターンなども熟知しているため、遺族などと連絡が取れないと言ったケースでも、後にトラブルにならないよう、細心の注意を払いながら片付けおよび捜索を行う事が可能です。

仙台には経験豊富な業者がいます。トラブルを回避するときはそのような業者に頼むと良いでしょう。

仙台にて空き家の整理・物品の捜索を行うならリクエストにおまかせ下さい。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!