違法業者に回収された不用品はどこに行く?不法投棄の危険性

不用品の回収を依頼したときの懸念として、もしも回収にあたったのが違法業者だったとしたら、不用品はどこへ行くのでしょうか。場合によっては不法投棄の危険性もあるようですが、このような違法業者は少なからず存在しているのです。ここでは、違法業者による不用品回収についてご紹介します。

違法業者の不用品回収では不法投棄されてしまうことも

違法業者による不用品回収で起こる不法投棄は、仙台でも無関係の話ではありません。不用品の依頼者は相応の金額を支払って頼んでいるのにもかかわらず、違法業者はただ不法投棄をしているだけというケースが起こっているのです。この不法投棄とは、不用品とはじめとした廃棄物を山林や海岸に無許可で捨てることをいいます。不法投棄によって、言うまでもなく地域の景観を損ねることはもちろんですが、公害被害の可能性も指摘されています。法律においても懲役や罰金が定められてはいるものの、後を絶たないのが現状です。自分が所有していた不用品が回収業者によって不法投棄されてしまったら、気持ちのいいものではありません。そのため、回収を依頼するときはよく業者を見極めなければならないのです。

高額な費用や無許可など…違法業者を見分けるポイントは?

不法投棄も平然と行うような違法業者を見分けるためのポイントをおさえて、きちんとした回収業者に依頼できるようにしましょう。ではさっそく、そのポイントをみていきます。不用品回収を依頼するときには、必ず専門的な資格を持っているか確認するべきです。「遺品整理士」の資格を有している業者の場合、事務所内には必ず遺品整理士認定証書が飾られていますし、資格保有者は顔写真つきの認定カードを持っています。資格を持っていることをきちんとした形で証明できるかが重要です。どのような資格も証明できないような業者は、違法業者である可能性が高いといえるでしょう。不用品回収の依頼は避けるに越したことありません。

安心できる不用品回収はしっかりした業者を選びましょう

不用品回収を安心して依頼するために、しっかりした業者を選ぶ必要があるでしょう。前項でご紹介したとおり、所有している資格をきちんと証明できる業者であることが前提ですが、そのうえで地域での実績がある業者に依頼するべきだといえます。不用品をはじめとしたごみ処理は地域ごとにルールが定められています。そのため、地域のルールについてよくわかっている業者のほうが、より安心して任せることができるはずです。見積もりを依頼したときに、詳細な見積書を作成してくれるようなら、不用品回収を依頼しても問題ないといえます。違法業者によって不用品を不法投棄されないためにも、依頼者もしっかりと業者を選ぶようにしましょう。

まとめ

違法業者によって回収された不用品は、山林なり海岸なりに運ばれて不法投棄される危険性があります。これまで使い込んできた思い出の品たちがそのような捨てられ方をしないためにも、きちんとした回収業者を選ばなければなりません。安心して依頼できる不用品回収はリクエストをご利用ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!