遺品供養を行う理由は?供養の対象となる遺品の特徴

遺品供養を行う理由は?見出しイメージ

日本は今や高齢者社会と言われています。また今後もその傾向は続くことは間違いありません。かつての日本社会から比べると、高齢者が一人で生活している割合も多いと思われます。一緒に暮らしている身内の不幸であっても、その愛用品などの処理は悩ましいものです。ましてや離れて生活していた故人が亡くなることで、残った身の回りの品物や愛用したものの処理はなかなか難しいものです。このような場合に遺品整理というサービスがあります。ここでは遺品整理を供養というポイントでまとめてみました。

故人の遺品は捨てるには忍びない

私達日本人にとっては故人の身の回りの物などは、何となく存外にあつかいにくいものです。
故人の愛着や思いがこもったものを簡単に処理できないと思うのは、日本人の伝統的な慣習や宗教観から来ていますから、簡単に割り切れないものです。やはり、故人の愛用品には「故人の思い」があると感じます。あまり粗末に扱っては故人の尊厳を損なうような気がします。残された者にとって、先祖や故人を敬う気持ちと同時に、あつかいを間違えると祟りなどにあうという考えもあります。もちろん、今時に「祟り」などあると思っていない方が多いとは思いますが、それでも日本人の死に対する考え方はそう簡単に割り切れないものです。
やはり「供養」することで物質的にも心理的にも整理が出来るのではないでしょうか。

遺品は供養してから

それゆえに遺品整理の大切な仕事として供養が重要であるか、お分かりになったかと思います。
遺品整理の過程で、故人の愛用品などは、よく供養した上で処分します。遺族にとってはとても安心できるサービスではないでしょうか。供養することで故人の思いも大切にできますし、残された遺族にとっても故人をしのび、また故人を尊重したことで、心の整理も出来るものです。
供養は読経やお焚き上げなどがあります。遺品の多寡に関わらず、また物品の価値に関わらず、故人を尊重して供養します。
自宅での読経供養は僧侶が派遣され、諸式に従ってとり行われます。また、お焚き上げ供養の場合は寺院神社へ日時を決めて伺うことになります。お焚き上げ供養では、希望される方には「供養証明書」を発行してくれる場合もあります。

供養する遺品の特徴は?

故人の愛用品、想い出の詰まった遺品は特に供養の対象になります。故人の愛着があるもの、あるいは家族との絆の品なども大切に供養しましょう。
一般的に魂がこもるといわれるものは供養すると良いです。例えば人形などは良い例です。また、洋服や着物など普段から身に付けていた衣服。大切にしていた写真なども重要です。
故人の趣味やものの考え方も重要な点です。生前より愛用していた財布、やアクセサリー。手紙なども重要です。
少々大きなものになりますが、仏壇や神棚なども供養すると良いでしょう。

仙台で遺品整理をご検討いただくなら、リクエストにお任せください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!