亡くなった人が生前飼っていたペットの扱い方

ペットブームの陰で、遺されたペットの問題が深刻化しています。
もしも故人がペットを飼っていた場合はどうすれば良いのか、何処に相談するのがベストなのか知識を付けておくことで、焦ったりせずに済みます。遺品整理同様、故人のペットも早めに対処しましょう。

遺品整理で忘れがちな遺されたペットの扱い

人が亡くると、通夜に葬儀、相続問題や遺品整理などしなくてはならないことがたくさんあります。もしも故人がペットを飼っていた場合は、そのペットのことまで気が回らないというのが正直な所でしょう。最近ではペットブームの影響もあり、仙台でも故人のペットをどうしたらいいのか分からないという悩みはよく聞かれます。
70歳以上の高齢者の3割が何らかのペットを飼っているというデータもあるので、この問題は誰にでも起こりうることなのです。ペットは物ではなく、生きものなので、無責任に捨てるわけにもいかず、だからといって自分が飼うわけにもいかないと扱いに困りがちです。そんな時はどうするのが良いのか、まずやらなければならないことをしっかりと見極めましょう。

親族が飼えない場合、引き取り先は早めに探し始めましょう

一番良い方法は、親族の誰かが故人のペットを引き取るということですが、誰も引き取り手が無い場合は、他の方に引き取ってもらうことを考えましょう。自分で広告を作り、引き取り手を探すということが困難な方は動物愛護機関に相談するのも良い方法です。亡くなったすぐ後というのは気持ちの整理も付きませんし、色んな手続きもしなくてはなりません。
ついペットのことは後回しにしてしまいがちですが、出来るだけ早めに引き取り手を探すようにしましょう。もし可能ならば、ペットに血統書はあるか、避妊手術は受けているか、年齢や病気の有無なども知っておくようにした方が引き取りをスムーズに行えます。特に、ペットに保険をかけているようならば、病気などの治療費を負担しなくていいということになるので、より引き取り手が見つけやすくなるでしょう。

遺品整理もペットのことも早めに動き出しましょう

ペットの引き取り先を探すのも、遺品整理を行うのも、かなりのエネルギーを使いますし、精神的な負担にもなってしまいます。

しかし、何時までも引き延ばしてしまうのはあまり良い方法とはいえません。遺品整理は早めに行わないと、遺品の中に請求書や重要書類が含まれていることがあるためです。同じくペットの問題も自分達で飼えないのであれば、出来るだけすぐに行動を開始しましょう。面倒を見てもらう人が居なくなるということで、ペット自身も不安な気持ちになってしまいますし、親族にとっても負担が大きくなり続けます。

その他の遺品整理をする際は、仙台のリクエストにご相談下さい。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!