特殊清掃が必要な状況とは?主にどのような取組みをしているか

特殊清掃が必要な状況とは?
核家族や個家族化が進んでしまった現代では、悲しいことではありますが人知れず他界してしまう方も多くなりました。
いわゆる孤独死などです。この場合は遺品やご遺体も時間が経ってしまい、周りにとって負担となることもあります。
こういう状態から原状復帰させる特殊な清掃を文字通り「特殊清掃」と言います。
滅多にない状況ではありますが、誰しもが遭遇する可能性があります。もしもの時を考えてみることも大切なことです。
ここでは「特殊清掃」にポイントを絞ってまとめてみます。

特殊清掃とは

年齢や性別に関わらず独身生活者やソロ生活者が多くなったといわれています。それに伴って孤独死なども増えています。孤独死の問題点や困る点としては、死後の時間がかなり経過したときです。場合によっては腐敗や腐臭によって、周囲に迷惑がかかります。また、孤独死だけでなく、事故や自殺などの場合も処理に困る状態になっていることもあります。
単なる清掃では対応できない場合は、汚染物の除去、消臭、消毒など専門の清掃を行います。消毒は感染症の予防にとって必要な処理ですし、場合によっては不衛生害虫が発生していることもあります。こういう場合も駆除と消毒が必要です。

特殊清掃の取組みは

では具体的に特殊清掃ではどのような工程があるのでしょうか。主な作業内容を列記してみます。

  1. 害虫駆除
    いたんでしまったお身体の内外に害虫が発生していると、それ自体が問題ですが、害虫の拡散も大きな問題になります。害虫の駆除によって汚物の拡散と感染症の予防を行います。
  2. 腐臭対策
    夏季の場合3日で腐敗が始まるといいます。その際に発生する腐臭の除去は中々とれないものです。臭いの原因は体液ですが、お身体の周りの布団や床などに拡散しています。これらを除去します。
  3. 腐敗体液除去
    時間が経ってしまったいたんでしまったお身体の体液も丁寧に除去します。通常の清掃では取り切れないので専門業者による的確な作業が必要です。
  4. 消臭・消毒
    特殊清掃用の消毒剤や消臭剤で洗浄します。また、汚物の撤去も徹底的に行われます。対応後は消臭確認をし、極力現状に近い状態に回復させます。
  5. 遺品の整理・搬出・清掃
    ご遺体を搬出した後、その他の身の回り品や家具、電化製品などの整理、搬出を行います。最後に部屋や建物の清掃で締めくくります。

まとめ

ご遺体の状況度によってその作業のボリュームが変わってきます。夏季に長く放置してしまうとコストもかかることになります。しかし、このようなケースは家族や親族にとっても大変な負担になります。生活していた場所の周りの住人にも迷惑になります。特に賃貸などの場合は建物のオーナーにとっても困ることになります。確実に対処してもらえる信頼できる専門業者を選ぶことが大切です。
仙台で遺品整理について悩んでいる人は、是非リクエストをご検討くださいませ。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!