身近に孤独死の危険がある方はいませんか?見分け方と孤独死後の遺品整理


最近の日本では、家族の在り方や地域での人間関係の変化などから、孤独死される方が急増しています。どうすれば孤独死の危険性に早く気付いてあげられるのでしょうか。また、もし自分が孤独死された方の部屋を片づけなくてはならなくなった場合はどうするのがベストなのでしょうか。その方法を知っているだけで、もしもの時落ち着いて行動できます。

孤独死をする方が増えている原因と孤独死しやすい方の特徴

どうして最近になり、孤独死する方が増えたのか、その原因は核家族化や近所との関わりが希薄になったからという理由が挙げられるでしょう。昔ならば誰かが面倒を見て、世話をやいていたものです。今では高齢者が一人暮らししていても誰も関心を示しません。孤独死しやすい方は圧倒的に男性が多く見られます。妻を早くに亡くしてしまい、食事や掃除などの家事ができずに家に引きこもりがちで、ご近所や友達付き合いも無い方は孤独死の危険があります。コミュニティへの誘いがあっても断ってしまい、他人との関係がうまく築けない方もその予備軍といえるでしょう。高齢者のイメージが強いですが、意外にも50代半ばで孤独死をしてしまう中年男性は多くいらっしゃいます。

孤独死された場合と通常の遺品整理との違いとは

孤独死された方の部屋を片付ける、遺品整理をする場合は素人がやらない方が賢明です。その理由は、孤独死は死後発見されるまでに時間が経過していると、どうしても腐敗臭、悪臭が部屋を満たしてしまうため、特殊な装備がないと衛生面で問題が出てくるのです。換気をしようとむやみに窓を開けてしまうと臭いで近隣の住民の迷惑となってしまいます。通常の遺品整理をしようと思ってもできない状態なので、特殊清掃の業者が入ることが必要です。無理をして知識の無い素人が部屋の掃除や整理をしてしまうと伝染病の恐れがあります。また、孤独死された方の部屋は散らかっている場合が多いので、遺品整理の仕分けも時間がかかります。

孤独死の清掃や遺品整理にかかる費用は誰が負担すべき?

実際に孤独死した場合は遺品整理や清掃の費用は誰が払わなくてはならないのでしょうか。第一に責任があるのはその部屋を借りた際の連帯保証人の方です。連帯保証人が孤独死した方をきちんと見ていれば孤独死はしなかったから、という理由のためです。その連帯保証人の方が支払えない場合は法定相続人に責任が回ります。法定相続人とは財産を相続する権利がある分、負の財産相続の義務も発生するためです。よく知らない面識のない方が孤独死したからその費用を払えと言われて困っている方は仙台でも多くいます。孤独死された方の部屋の清掃や遺品整理はプロの業者に任せるのが一番です。

 

孤独死の知らせは突然やってくるものです。もちろん聞いたときは驚きますし、費用をどうしよう、どうやって片付けようといろいろ悩んでしまいます。そんな時こそ落ち着いて特殊清掃を請け負ってくれる遺品整理業者に依頼をしましょう。
スムーズな遺品整理はリクエストをご利用ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!