親族の孤独死後、相続放棄する場合の遺品整理の注意点

相続放棄と遺産整理はとても深い関係があります。よく分からないままに遺品整理を急ぐというのは大変危険なことなのでやめましょう。相続放棄で困った時にはどうしたらいいのか、どんなトラブルが多いのかを知ることが大事です。

相続放棄したら遺品整理には手を出さないのが吉

相続放棄をした方が遺品整理をするのはやめましょう。その理由は、遺品整理をして、遺品を処分するということは相続する意思があるという風に見なされるためです。仙台でもこのことを知らずに遺品整理を行い、相続放棄ができなくなったというケースがよく見られます。

故人の遺品に絶対触れてはいけないという意味ではなく、普通に考えられる範囲で片づけるのは大丈夫です。
しかし、大掛かりな遺品整理を行うとなると注意した方が良いでしょう。相続放棄が認められないということは、故人の借金などを相続しなければならないということになります。そのことを踏まえた上で遺品整理は他の親族とも相談をして行いましょう。

相続放棄前に遺品整理することでトラブルに巻き込まれることも

故人が孤独死をした場合は、早く遺品整理をして部屋や家を明け渡さないと家賃が取られてしまいます。そのため、出来るだけ早く遺品整理をしようと思ってしまいますが、相続放棄をしてから行うようにしましょう。よくあるトラブル例が、親が離婚をしていて長年会ってない場合などに、親が亡くなり相続人となり、何も情報が無いままうっかり遺品整理をしてしまった時です。そのように借金の存在を知った時には後の祭りとなります。

そうなってしまうと、相続放棄ができなくなってしまい借金を背負わされるというトラブルが非常に目立つので、遺品整理を始める前にはまず相続放棄するのかどうかをハッキリさせてからにしましょう。焦ってしまうことですが、故人の債務や借金関係のことも知ってから遺品整理をしても遅くはありません。

遺品整理の前に、遺産や負債など、相続人同士で話し合っておくのがベストです

自分以外に相続人がいる場合は一人で勝手に物事をすすめてしまうのではなく、相続人同士で相続放棄や借金などの負債について話し合っておきましょう。勝手に決めてしまうと、そのことでもトラブルに発展する恐れがあります。
借金などがある場合は、一人だけ相続放棄をしてしまうと後々の関係に響くからです。相続人や親族だけではどうしていのか分からない場合は専門機関に相談するのも失敗が無い方法といえるでしょう。的確なアドバイスを貰えるので、トラブルなく相続放棄をして遺品整理に取り掛かることができます。

仙台の遺品整理はリクエストが承ります。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!