大切な家族の遺品整理を行なう時期は?

大切な家族の遺品整理を行なう時期は?

 

遺品整理や形見分けなどを行う時期と言うのは、これと言った確かな決まりなどがないため、意外と多く聞かれる悩みの一つです。早過ぎもせず、遅過ぎもしない時期とは一体何日くらいなのか、というのを知っておくことで整理する目安や段取りが付けやすくなります。いつまでも遺品整理で悩んでいないで目安をきちんとつけましょう。今回はそれらの時期についてご紹介します。


形見分けは四十九日を目安に行うのがベスト

一般的に、四十九日と言うのは一つの大きな区切りとなります。そこで遺品整理や形見分けも四十九日を目安に行うと良いということは巷間言われているところです。宗教的にも、四十九日を終えると故人は本格的に現世から旅立つ日とされているので、この時期に合わせて遺品整理や形見分けを行うのは見送りの最終作業とも言えます。また、遺品整理の時期を明確に決めておくことで、親族や兄弟に手伝ってほしい日時を伝えやすくなると言うメリットもあります。遺品整理や形見分けを四十九日と言う区切りに行い、自分自身や遺族の気持ちに区切りを付ける良いタイミングではないでしょうか。


相続税が発生するものは10ヶ月以内に整理すべき


遺品の中には相続税が発生してしまう物も当然含まれています。みだりに先延ばしにせずに10カ月以内に終えるのが好ましいと言えます。遺品が相続税の対象となる物と知らずに形見分けしてしまうと贈ったかたの迷惑になる場合も考えられるので、上記に述べたように四十九日など、できるだけ早い段階で遺品整理を行い、相続税が発生しそうな物は早めに手続きをするのが賢明です。10カ月ギリギリに遺品整理を行うと、手続きが思いのほか大変になる場合もあります。高価な遺品を形見分けする際には相続税が発生するか否かをハッキリさせることが大事です。


遺品整理を少しでも早く終わらせたいなら業者に依頼が◎

遺品整理は早く終わらせようと思っても、個人との思い出が蘇ってきたり、これは処分するべきかどうか悩んでしまったりと、思いのほか時間がかかってしまうものです。あまりに長くかかり過ぎると、整理している側が疲れてしまいます。そのような時は無理をしないで専門の業者に相談するのも方法の一つです。我々のような遺品整理業者には専門的な知識がありますので、相続税などがかかりそうな遺品などもわかりますし、形見分けなどの相談にも応じてくれます。一人で抱え込んで悩んでいても遺品整理の問題は解決しません。専門家による経験と知識を困った時には活用していただくことをご検討してください。

大切な家族の遺品整理は、仙台にあるリクエストを是非ご検討ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!