遺品整理は「家の片付け」、遺産整理は「財産分割」

遺品整理は「家の片付け」、遺産整理は「財産分割」

 

遺品整理と遺産整理、言葉も似ていることから間違って理解をしている方も多いのではないでしょうか。いざ身内の不幸があった場合にこの両方を間違えて理解していたとしたら、とても大変なことになる可能性があります。今回は遺品整理と遺産整理の違いについて詳しく解説していきたいと思います。


遺品整理は故人の家を片付けること

遺品整理とは、故人が生前に使っていた物を整理して形見分け、あるいは処分などを行うことを指します。使っていた物とは、衣類や家具、趣味の道具、書籍、あるいは文書や手紙なども含まれます。

故人が賃貸借家に住んでいた場合はできるだけ早いうちに明け渡さないといけないので、この遺品整理は速やかに行う必要があります。しかし、遺品整理をしていると故人を思い出してしまい、中々思うように進まないこともしばしばあります。

一般的には四十九日を一区切りにして遺品整理をする場合が多いです。衣類や家具などは整理しやすいものですが、故人の預金通帳や手紙、手帳などは処分せずに手元に残しておくなど、遺品整理にも注意すべき点があります。

いずれにしてもトラブルにならないよう親族や関係者と複数人で対応することが賢い選択です。


遺産整理は法律的な手続きを必要とする遺産分割

遺産整理は手続きなどが必要となるのでお困りの方が多いこともあります。遺産整理は決して一人で行わないことが肝心です。何故なら、故人の所有していた遺産を整理するものなのですが、その際には遺産分割なども深く関わってきますので、手順を間違えるとトラブルのもとになります。

故人の遺言状などに遺産分配などが記されている場合には、比較的スムーズに進むものですが、そのような意思表示が全くないままに亡くなってしまった時は、遺産は親族全員に分配されることとなり、この時にもめ事なども起きやすくなります。

遺産が不動産など、分割法がハッキリしないものは、親族間でトラブルとなる可能性もあります。法的な知識も必要となる大変難しい作業です。



様々な手続き代行が可能な遺品整理業者を活用

遺品整理にしろ、遺産整理にしろ、親族のみで行うには手間や時間がかかる場合もあります。ましてや、一人や一家族で行う規模ではないケースも多々あるはずです。遺品整理も大変エネルギーを使うものですから、仕事の合間や休日だけで対応することは現実的ではないでしょう。

遺産整理ともなれば、法的な知識や手続きが必要になるので、専門家なしでスムーズに進めるのは大変困難です。そんな時は我々のような遺品整理業者にご相談ください。最良、最善のやり方をご提示させていただきます。また、専門家のアドバイスなどが、親族間の不要なトラブル回避にも繋がります。

遺品整理と遺産整理にお悩みなら、是非一度仙台のリクエストにご相談ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!