相続における遺留分とは?遺品整理への影響は?

相続における遺留分とは?遺品整理への影響は?

 

遺品整理を行う際に「遺留分」というものが関わってくることがあります。遺留分は遺産相続にも深く関わってくるので、遺族も遺留分のことについて正しく知っておく必要があります。中々詳しく知る機会がない知識なので意外とその詳細について知っている方は少ないようです。今回は遺留分と遺産整理について見ていきましょう。



法定相続人の遺留分とその割合

遺留分にはその方一人一人に割合があり、決して均等であるとか、自分の意思でどうにかできるものではありません。例えば、故人の配偶者や子供の場合の割合は半分の二分の一となりますが、相続人が直系尊属のみの場合には三分の一になるなど、それぞれの故人との繋がりや立場によって遺留分の割合は違います。もちろん兄弟間でもこの割合は同じなので、この時にトラブルになりやすいと言うのも事実です。相続の遺留分割合でトラブルやもめ事になるケースはよく聞かれることなので、決して他人事だとは思わないようにしましょう。トラブル回避のためには、早いうちに遺言状を作成したりする必要があります。また、配偶者がいなく、子供のみの場合や、相続人が配偶者と直系尊属のみの場合などは割合も違ってくるので、専門知識が必要となります。



遺留分放棄=相続放棄?遺留分を放棄しても遺品整理はできる?

遺留分放棄をすると言うことは相続放棄をすると言う意味なのでしょうか。答えは違います。遺留分放棄をしても、相続を放棄したことにはなりません。法的には相続権は有りますので、そこを正しく理解しないとトラブルになるケースが多く見られます。また、遺留分を放棄した場合は遺品整理ができなくなると言う場合もあります。遺留分放棄をしたと言うことは、遺品を貰う権利を放棄したと言うことになるので、遺品整理もできなくなります。ですので、遺留分放棄をする際には遺品整理のことも考えて行わないと、後々大変なことになってしまうので、慎重に行いましょう。一人で勝手に決断してしまわない方が賢明です。



遺品整理は専門業者に依頼するのが便利です

身近な方が亡くなると言うのは、大変な心身の負担になります。それに加えて遺留分や相続などの問題が重なると大きなストレスとなりますし、親族間でのトラブルに発展して収拾がつかないこともあります。そのようなトラブルを避けるためにも正しい知識を持つことが大事なのですが、法的な知識などはそう簡単に理解できるものではありません。遺族間に専門家が入ってもらえば、正しい知識やアドバイスが頼めるので、遺族の負担も軽減されます。もちろん遺品整理や相続に関する相談にも乗ってくれるので、心強い存在となるでしょう。決して一人や遺族間で問題を抱え込まないようにしてください。

仙台で遺品整理を行なう際は、リクエストへ一度ご相談ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!