簡単には捨てられない、仏壇・位牌の正しい処分方法

仏壇、位牌の処分というのは、どうして良いのか分からないという方が多く、難しく感じてしまうのではないでしょうか。正しい処分の手順を知ることで、ご先祖様の魂をきちんと浄土に返すことができるので、やり方を知らないままに捨てるということの無いようにしましょう。また、自分たちで処分するのが難しいという場合には、業者へ依頼する方法もあります。

普通のゴミとして捨てるのはお勧めできない

仏壇、位牌を処分したいからといって、通常のゴミのように捨てるのはおやめください。近年では、仙台でも高齢化や核家族化の影響で、仏壇や位牌を処分したいという方も多くみられるようになりました。仏壇、位牌をゴミのように捨ててはいけない理由としては、ご先祖様の魂が宿っているからゴミと一緒にするのは好ましくないからです。仏壇、位牌を処分する場合は、まずお寺などに相談して正しい手順を取って処分しなければなりません。また、仏壇や位牌をゴミとして捨てているのをご近所の方に見られたくない、知られたくないという方も、お寺や専門業者に相談することをおすすめします。

仏壇・位牌は処分の前に「魂抜き」をするのが基本

仏壇や位牌を新しくした時や家に入れる時には、住職などに魂入れ等を行っているのではないでしょうか。魂入れとは、宗派によって呼び名は違いますが、ご先祖様の魂を仏壇、位牌に入れる儀式です。もちろん処分をする時にはその魂を抜く儀式をする必要があります。魂抜きをすることで、ご先祖様の魂が浄土に帰って行くのです。魂抜きをせずに仏壇や位牌を捨てるというのは、魂をそのまま捨てているといっても良いでしょう。遺品整理を行っている時などに、仏壇や位牌の問題も一緒に出てくるというパターンが多いので、不用品と一緒に処分してしまいがちですが、魂抜きという作業は忘れないようにしましょう。基本的に、魂抜きをした後は仏壇などを分別、解体して廃棄するという流れになります。

仏壇・位牌の処分は、遺品整理業者に頼むのが安心

肝心の仏壇や位牌があるのが県外の場合や、近くに相談できるお寺が無いという時などは、処分を遺品整理業者に依頼するというのも良い方法です。遺品整理業者も、きちんと魂抜きを行って正しい方法で仏壇や位牌を処分します。もちろん全てを業者が請け負いますので、処分する際のご近所の目も気になりません。基本的に魂抜きを終えた後はただの物になってしまう仏壇、位牌ですが、いざ自分で処分するというのは、やはり抵抗を感じてしまいます。そんな精神的負担も軽減することができるので、遺品整理業者にお願いするのは処分に対する心配や不安を無くすことができます。

仙台の遺品整理はリクエストがサポートいたします。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!