遺品整理後にすべき不動産整理の方法

遺品整理後の不動産整理には、法律が関わってくる為、一筋縄にはいかないケースも多々あります。ここでは、遺品整理後に相続する事となった不動産を整理する方法について解説していきます。

遺品整理後、空になった家や土地は誰が相続できる?

不動産相続には様々な法律が関わってくる為、相続の手続きが複雑化してしまうケースも多いようです。また、それらの法律に関する知識が乏しい方の中には、手続きの煩わしさから相続した不動産をそのまま放置してしまっていると言う方もいるかもしれません。

不動産の相続においてまず考えるべきなのが、誰が相続の対象となっているのかと言う点です。多くの場合、不動産を相続するのは、配偶者や子供となりますが、子供のいない家庭の場合、配偶者の兄弟などが対象となる事もあります。また、遺言が残されている場合はこの限りではありません。

相続した不動産はいつまでに売却すべき?

不動産を相続した場合、相続税を始めとした様々な税金の支払い義務が生じるケースが多くあります。これらの税金は、一時的な物ではなく、相続後、その不動産を保有している限り払い続けなければならない類いのものも存在します。

その為、不動産そのものの価値によっては、相続後すぐに売却を考える方も少なくないようです。このようなケースでは、各種税金の支払いによる損失を防ぐ事を目的とする事が多い為、出来るだけ早く売却してしまうのが良いでしょう。また、不動産を相続する事による損失があまりにも多い場合、相続を放棄する事も可能です。これには様々な煩わしい手続きが伴うものの、売却をする事による買い手を見つける手間を省ける事を考慮すれば、選択肢に入れておく価値は十分にあると言えるでしょう。

遺品整理と不動産整理は一括で業者に任せられます

遺品整理後に行う不動産整理は、色々な法律や手続きが関わってくる事から、多くの人が煩わしく感じていると言えるでしょう。これに加え、遺産相続にありがちな揉め事までもが伴ってしまうと、もはや素人には収集がつかなくなってしまうかもしれません。

その為、遺品整理とそれに伴う不動産整理は、それらを一括して業者に任せてしまうのも良いでしょう。仙台エリアにおける遺品整理経験が豊富なリクエストでは、不動産整理における様々なご要望にも可能な限りお答えいたします。

仙台で遺品整理や不動産整理を検討している方は、リクエストへ一度ご相談ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!