遺産整理・形見分けに最適な時期やその方法について

必ず経験することになる身近な人の死、しかしそれに関する知識は意外に知らないものです。また、かつて家族社会だった日本も今は核家族、個家族化が進み、葬儀などのセレモニーに対する考え方もかわりつつあります。
お通夜や葬儀などはよく知っていると思いますが、故人を送り出した後には遺産整理や遺品整理があることを知っているでしょうか。意外と失念している方も多いと思います。

遺産整理

遺産整理ともなると、単なる物品というより財産に関わる内容になります。この場合も親族が集まるこの時期は良いタイミングになります。
しかし、場合によっては法要に間に合わない内容もあります。遺産相続については手続きなどもあるので、場合によっては時間がかかります。

形見分け

形見分けは形式的に故人の思い出を受け継ぐ、分けるということになります。故人との関係や立場によって形見分けがされます。
しかし品物であるため、なかには高価なものもあります。形見分けの時期として注意しなければならない点は、高価なものの場合、贈与税がかかるケースがあります。かえって迷惑になることもあるので、よく注意するべきです。また、高価なものの場合は相続の対象になりますので、遺産整理・相続が終わってからの方が無難です。

法要に合わせて

家族が亡くなり、しばらくすると遺品の整理が必要になってきます。いつまでも故人の部屋や持ち物をそのままにしておくことも出来ません。では遺品整理はいつ頃から始めると良いのでしょうか。意外と知らない方も多いでしょう。
よく区切りとして聞かれるのは「法要」に合わせて行うといいます。遺族が揃う良い機会でもあります。

四十九日

法要をしない、という選択肢もあるかもしれません。今のところ日本人の傾向として一周忌までは法要・法事を行うという意識調査の結果があるそうです。
しかし法要を上げなくとも、四十九日も時期の目安のひとつです。仏教では死後49日で極楽浄土に行くといわれています。一つのタイミングになります。

手続きが終える頃

人の死に対しては法的にも社会的にもあらゆる手続きが必要です。死亡手続き、健康保険や年金の変更手続き、所得税などの対応も必要です。これらが収まるまでは慌ただしく、遺品整理や形見分けなどまで気が回らないかもしれません。
一通り手続きも終わり、心理的にも落ち着いてから行っても結構です。

その他の時期

しかし、遺品整理や形見分けなどに明確な時期があるわけではありません。なかには葬儀後、早々に整理する方もいます。遺品整理や形見分けの時期は、かつての大家族社会であった日本の習慣から始まっていますので、現代の習慣には合わなくなったところもあります。
そういう点では割り切った考え方もあります。例えば月末などの区切りです。また遺族の感情が収まった頃もひとつの目安です。
ご遺族の気持ちに沿ったご要望にお応えする、仙台のリクエストにおまかせください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!