遺品整理の具体的な取組み内容とは?


遺品整理の具体的な取り組みに関しては、意外と知られていないことが多いのが現状です。
一般的には亡くなった方の残したモノ、つまり遺品を整理して部屋を清掃して原状回復するということです。
しかし、急にお亡くなりになった方は、事前に準備もなく不幸に見舞われます。用意もなく準備もありませんから、生前に利用していたものがそのままの状態です。
残された遺族にとって普通は、何をどうして良いか分かりません。遺品整理について具体的な取組みについてまとめてみました。

まず遺品整理とは何か

遺品整理の取り組みというのは、亡くなった方が生前使用してこられた思い出の品を遺品として、丁寧に整理する内容のことです。遺品整理の別名は、「遺品処理」や「遺品処分」、「遺品回収」とも呼ばれます。
しかし、亡くなった方のご遺族やご親族は悲しみの中で遺品を整理するとより、その悲しみが深まるものです。
遺品とは不動産など物品全般を指しますが、「遺品整理」となると故人が生前使っていた生活用品などのほうがイメージしやすいかもしれません。

具体的な流れ

以下は基本的な遺品整理の流れになります。

  1. 遺品の仕分け
    1点1点を丁寧に整理・分類・搬出いたします。生前にご利用された愛用品などを整理し、用途別に分類します。
    日用品であれば廃品として処理しますが、愛用品などは仕分けしてどのように処理するか検討します。
  2. 遺品の供養
    遺品としては捨てるわけに行かないものもあります。
    簡単に廃品として処理できないものは、やはり僧侶により供養します。
  3. 遺品の買取
    特に愛着のあるわけでないものは、リサイクルが可能であるかどうかで処理が変わります。
    品物によって高価買取が可能です。
  4. 貴重品・重要書類の捜索
    貴重品や重要な書類は、特に急な場合は中々気が回らないものです。さすがにプロであれば、保管場所などが不明であっても手順に従って探します。また、内容の確認と仕分けも重要な仕事です。
  5. 不用品回収・処理
    整理するとどうしてもかなりの量の不用品が出てきます。これらを回収して処理します。
  6. 清掃
    大切なのが最後の清掃になります。遺品を整理した後には、隈なく確実に清掃することが必要です。
  7. 遺品の梱包
    遺品を遠方に送る場合には、遺族の手を煩わすことなく梱包します。この場合、送料は別途となります。
  8. 養生
    一般人には思い至らない点が養生です。養生とは建物に傷つけないように部屋や建物の各所を保護することを指します。

故人が亡くなられてからしばらくの間は、遺品を整理することは中々できないことかもしれません。
残されたご家族の気持ちに寄り添いながら、丁寧に対応する遺品整理のプロとして困った時のパートナーとしていつでもご相談に乗ってもらえます。

仙台にて遺品整理を行うならリクエストに是非おまかせ下さい。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!