遺品の処分で「寄付」をする時の豆知識

遺品の処分で「寄付」をする時の豆知識

遺品の処分で「寄付」をする時の豆知識

遺品の整理に困ったときに、寄付という方法があることをご存知でしょうか?故人の思いがこもった品物は、割り切って処分するにしのびないことがあります。寄付であれば、故人にとっても遺族にとっても安心できます。遺品の寄付についてはいくつか知っておかなければならないポイントがあります。

寄付をして喜ばれる遺品とは


生前の故人が大切にしていた趣味の中に、希少価値のあるものはないでしょうか。この場合の希少価値は、趣味を通して知り合った方、同好の士などの特定の価値観をお持ちの方にとって「価値」があるものです。

興味のない方には無価値であっても、特定の方にとっては価値があるものです。もし故人がそのようなものを所持していたら、同好者に寄付してはいかがでしょう。
そのような形の寄付であれば、故人を偲びつつ、寄付をした先にも喜ばれるというものです。

衣類や家具など日用品は寄付団体に任せても良いです。日用品から玩具、書籍、DVDなどの寄付を求めているボランティア団体が多数あります。海外の発展途上国への援助や、恵まれない方への寄付活動をしていますので大変喜ばれます。

寄付できない遺品とその理由


中には寄付に相応しくないものもあります。 寄付する際には、その品物が十分使えるものであることが条件です。安易に要らないものを寄付依頼しないよう気を付けてください。

不要品を一方的に寄付として送っても、それは廃棄と同じになってしまいます。寄付された側が持て余すような寄付行為は慎んでいただくよう、十分配慮してください。

寄付を受け付けているボランティア団体は、大体インターネットで情報を発信していますので、まずは団体のサイトを確認してください。どのような品物を受け付けているか、各種情報が記載されていると思いますので、寄付を検討している品物とマッチングするか確認してみましょう。

寄付ができない遺品は業者に引き取ってもらおう


最終的に寄付も出来ない不要な遺品は、業者に引き取ってもらう選択が良策です。 業者と言ってもリサイクル業者や廃品業者、遺品専門の業者があります。

リサイクル業者であれば多少は値が付く可能性がある、と思われる方が多いかと思います。逆に廃品業者であれば回収費をとられる点で、出来れば避けたいと考える方もいます。

しかし、寄付することも適わない品物ではリサイクル業者でも持て余すことは容易に想像できます。また、廃品業者の場合は処理費を受け取りますので、引き取り出来ないということはありませんが、遺品という視点で扱ってはくれません。

仮に不要品であっても、故人の生活や歴史が刻まれた遺品は、敬意を持って扱う遺品専門の業者に預けていただくことが最善です。

まとめ


親しい方が残した遺品については、その対処や整理が特殊な仕分けが必要なことがあります。また、故人に対する思いや、残された方々の気持ちも尊重しなければなりません。
寄付も難しいような遺品がある時は、専門の遺品整理業者にご相談ください。

「寄付できない遺品に困ったときは仙台のリクエストで遺品整理をご検討ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!