生前整理・老前整理の必要性と遺品整理との違いとは?

まだ元気だと思っても、知らずに老いは来ているものです。また、想定外の不幸や不慮の出来事はあるものです。ですから終活などは少々年齢的に早くても考える方も多くなっているようです。最近では50歳代から生前の整理を考え始めるということも聞きます。
さて、振り返って終活を考えてみると、意外と不用なものや余計なものが身の回りにあるものです。またはトラブルになりそうなものもあるでしょう。例えば財産などは事前にどうするか考えておく必要があります。
今、慌てて生前整理をする必要がなくても、安心して余生を送れるよう、今のうちから少しは考えてみてはいかがでしょうか。

生前整理・老前整理とは

自らが元気でいるうちに、他界した際のことを考えてみましょう。特に老後は自らの他界後の整理を考えてしまうものです。中にはなかなか簡単に整理や処分できないものもあります。例えば大きなものでは不動産や資産や動産などの財産です。そういうものは事前に専門業者と良く相談してみるとよいかもしれません。また、自分の考えだけでなく、残される家族や身内の方とも良く相談してください。

生前整理と老前整理の違い

また、老前整理とは生前整理の違いについてですが、目的が少々違います。
高齢を迎え、自らも先行きが分かりつつある頃には、生前整理を意識しますが、「老前整理」はまだ老いる前になすべきことになります。
亡くなるにはまだ早い、しかし老いというものも間近となった50歳代からの準備を「老前整理」と言います。具体的には不要なものを捨てる、処理して、シンプルな生活環境を作るということになります。必要性のある品とそうでないものを判別することが大切です。

遺品整理との違いは?

遺品整理とは主に遺族の方が行うものです。生前整理・老前整理は自分が自分のために、他界後を見据えて整理したり、事前に対処したりすることを言います。残された家族の負担にならないように、元気なうちから身の回りの生活を考えたり、事前に財産や物品を処理したりします。
遺品になってしまうと自分ではどうにもなりませんので、後々のことを考えて整理するなり、対策をとることが大切です。すでに高齢である方は、徐々に身の回りの不用品などは整理・処分すると良いです。自らの判断によって残った人生と物をどうするかコントロールできる点が遺品と生前整理の大きな違いです。
前述しましたが、不動産や動産などの財産は相続上のトラブルになりかねません。まだ元気なうちに方向性や対策をとっておきましょう。

まとめ

遺品整理と違い生前整理・老前整理は時間的に余裕があります。後々を考えて、家族や専門業者の方と良く検討することが大切です。
生前整理、老前整理についても仙台のリクエストへご相談ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!