遺品整理の疑問!不用品回収業者と行政サービスの違いとは?

遺品整理の疑問!不用品回収業者と行政サービスの違いとは?

自分の家族が亡くなった場合には、遺品を受け取るのが一般的なのですが、受け取った遺品の全てを家に置いておいても、全く使用しない物もあると思います。このようなときには買取りを依頼する方法と、処分してしまう方法があります。
もちろん遺品であれば何でも買取りをしてもらえるというわけではないので、処分する他ないような品物もあります。
このような場合、大きく分けると2通り方法が存在しています。

不用品回収業者と行政サービスの違い

1つ目は不用品回収業者を利用する方法です。2つ目は行政サービスを利用する方法なのですが、この2つにはそれぞれ異なった特徴があります。
不用品回収業者は民間の企業が行っているのに対して、行政サービスは市区町村が行っているという点が大きな違いです。
また、行政サービスの場合には、料金が比較的安くて済むというメリットがあるのですが、融通が利かないというデメリットがあります。

粗大ゴミを行政に処分してもらう場合には、役場や出張所まで出向いて指定清掃券を購入する必要があります。この券を処分したい物に貼り付けておき、玄関まで出しておかなければいけません。よって高齢者や女性、マンションなどに住んでいる人の場合にはかなり大変な作業が必要になることが多いです。
もしくは処分所まで持ち運びをしなければいけない場合もありますので、運ぶ手段が用意できない時なんかはとても大変だと思います。

それに対して不用品回収業者であれば、集合住宅でも部屋まで取りに来てくれますし、親切な業者であれば部屋からの運び出しも行ってくれます。
行政のサービスに比べると料金はどうしても割高になりますが、手間的にはかなり楽ができるのでお勧めです。
ただし、業者によって変わってくるものの、比較的料金が高くなっていることも多い上に、あまり質の良くないサービスを提供しているサーいす業者も少なからず存在しているので、業者選びは情報収集をしっかり行ってから決める必要があります。
また、不用品回収業者であれば、大半の物は処分に応じてくれるのに対して、行政サービスの場合には処分できる物が限られてしまいます。ただし、行政サービスでは悪徳業者というのが存在していないので、安心して出せるというメリットもあるでしょう。

遺品というのは仮に不用だったとしても、一般的な粗大ゴミとは違います。
他の不用品と同じように粗大ゴミに出すことに抵抗を感じる人も多いと思います。
そのような場合は、不用品回収と遺品整理をまとめて行えるサービス業者を利用するのがよい方法だと言えるでしょう。
弊社では遺品供養のための法要なども行っております。
仙台で遺品整理や不用品回収のお手伝いなら、リクエストへご用命ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!