捨てられない遺品の傾向と遺品整理をするべきタイミング

捨てられない遺品の傾向と遺品整理をするべきタイミング

捨てられない遺品と遺品整理をするべきタイミング

遺品整理をする際、どうしても捨てられないものが出てくると思います。それはどのようなものなのか、遺品整理をするべきタイミングはいつなのか、今回はそれについてみていきましょう。


捨てられない遺品の代表は“思い出”がつまったもの

どんな人でも、思い出がつまったものはなかなか捨てられないでしょう。それが特に故人様のものだと尚更捨てられません。物を捨ててしまうことによって、その人との思い出も一緒に消えてしまうように思うからです。

しかしそれは違います。本当に思い出深いものは、たとえ物を捨てたからと言って、なくなることはないからです。また、遺品を整理するに従い、自分の心の中の整理をすることもできます。遺品整理するときは、故人様のことを考えるので、辛い気持ちが込み上げてくることもありますが、そのまま片付けずに遺品を置いておくほうが、いつまでも故人様のことを考えてしまい、寂しい気持ちから抜けることができません。片付ける間だけ寂しい気持ちをぐっと抑えて、すみやかに遺品は整理しましょう。

遺品整理をすべきタイミングとは?

遺品整理するなら早いほうがいいと前述いたしましたが、遺品整理するタイミングもなかなかはっきりとはわからない方が多いのではないでしょうか。実のところ遺品整理のタイミングも、故人様の環境などによって変わるので様々です。

例えば、故人様が賃貸のマンションやアパートに住んでいた場合、すみやかに遺品整理をする必要があります。なぜなら、賃貸物件の建物ならどの契約も、死亡したあと14日後には、家を引き渡す必要があるので、遺品整理もそれまでに早く終わらせる必要があります。また、賃貸でなければ、遺族が集まる49日、一周忌などの法要に合わせて遺品整理を行うこともあります。


専門業者を利用すれば遺品を供養することもできる!

遺品整理をしていたら、亡くなったその方が大切にしていたものだから、捨てるに捨てられないというものが少なからず出てくるのではないでしょうか。そんな場合は、遺品を供養してくれる、遺品整理業者やお焚き上げを専門としていますので、遺品専門業者をご利用ください。

遺品整理についても遺品専門業者ならではの細やかな心遣いが、お客様のお気持ちに寄り添って対応させていただきます。


まとめ

遺品整理をするに当たり、当然捨てられないものや分からないことが出てきます。そんなときは専門業者を利用し、スムーズに遺品整理を行うようにしましょう。遺品を扱う専門業者には確かなノウハウがありますので、遺品で悩んだらお気軽にご相談いただくことをおススメいたします。

仙台で捨てられない遺品にお困りでしたら、リクエストにお任せください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!