遺品整理業者に回収してもらった不用品の行方は?


遺品整理を業者に頼みたいけれど、その後どうなってしまうのか不安だという声は仙台でも多く聞かれます。気になる遺品整理のその後にクローズアップしてみました。また、供養をしたいものも安心して任せられる理由とは?

形見の品や貴重品は遺族へ、供養が必要なものは業者が供養した後再利用か廃棄へ

遺品整理をした後の不用品の行方がどうなるのか気になる所ではないでしょうか。仕分けをした後に貴重品や思い出の品などは遺族の元へ戻されて形見分けを行いますが、それ以外のものは廃棄してしまうか、リサイクル品として再利用するのが一般的です。そのまま捨てにくい、故人が大事にしていたなど、供養が必要なものはきちんと供養した後に廃棄されるので安心です。

リサイクルすると、高値で売れそうな気もしますが、実際のところはそれほど高い値段では取引されません。故人の手紙や日記など個人情報、プライバシーに関わることはシュレッダーにかけられ、パソコン、スマートフォン、携帯電話などもきちんとデータの消去も行っているのです。

資源物はリサイクル&リユース、どうしても廃棄が必要な不用品は適切な処分へ

仙台でもまだ使えそうな遺品はリサイクル、再利用するのが広く浸透しています。中でも、テレビ、洗濯機、冷蔵庫、エアコンなどはどこの家にもあるので、よくリサイクルされます。この家電4品は家電リサイクル法という法律でリサイクルを進めているものなので、余程状態が悪くない限りは再利用が可能です。故人もごみとして遺品が捨てられるよりは誰かに使われて役に立つ方が嬉しいのではないでしょうか。

また、もう使えないものなどは自治体の処分の決まりに従って処分されます。ほとんどのものは粗大ごみとして処分されます。遺品すべてを捨てるのではなく、使える物はリサイクル、再利用するのは地球の資源を大事にするため、故人を穏やかな気持ちで送ることができるのではないでしょうか。

遺品を捨ててしまいたくないならリサイクル・リユースできる業者にご相談を!

故人との思い出の詰まった遺品を捨てたくない、自分たちで整理をしてみるも、辛くてはかどらない方は私達にお任せください。遺品整理、不用品回収はもちろん、その後のリサイクル、再利用まできちんと行います。また、お通夜、お葬式が終わっても、中々遺族の方は気が休まらないものです。

大切な方を亡くされて悲しい気持ちや、これからしなくてはならないこと、様々な手続き、相続関係など問題は山積みです。そんな時に遺品整理を私達にお任せいただければ心身の負担やストレスは軽減されるのではないでしょうか。遺品を形見分けするといっても、現代では全ての品を遺族で持ち帰るのは難しいです。故人との思い出が詰まった遺品は私達が責任を持って整理いたします。

かけがえのない思い出が詰まった大切な遺品はきちんと仕分けをして遺族にお返しする物と、再利用する物、供養後に処分する物に分けるので、行方がどうなるかという心配は不要です。

遺品整理での大切な遺品の処分はリクエストをご利用ください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!