遺品整理で銃などの危険物があった場合、どのような対処をすべき?


遺品整理をしていて思いもよらない危険物が出てくるとどうしてよいのか分からなくなってしまうものです。そんな時はどんな行動をとるのがベストなのか、してはいけない事は何なのか、処分はどうするのが正しいのかを知りましょう。

違反になる?遺品に銃などが見つかったらそのまま保持はできる?

故人の遺品整理をしていて、銃や日本刀などのいわゆる危険物が出てきた場合はどのようにするのがよいのでしょうか。もちろんこれらは所持するのに資格や免許が必要ですので、遺族の方がそのまま持っていると銃刀法違反になってしまいます。

銃や散弾銃、ライフルなどの免許は死亡された時点で効果は無くなります。遺品として持っていたい場合は自分がその免許を習得しなければなりません。その場合は50日以内に行いましょう。日本刀の場合も登録証を持参して警察署に引き渡す必要があります。銃も日本刀も登録証が必要となりますので、遺品整理でよく探さなくてはなりません。また、銃の弾も同様に免許の無い者が持っていることは違法となります。

銃などの危険物の正しい処分方法は?

銃を持っていても使わないので処分したいけれど、どのように処分すればよいのか分からないという声は仙台でも多く聞かれます。まず、銃を購入したお店がわかる場合はそのお店に持って行き、譲るのも方法です。もちろんこの場合も、譲る相手はきちんとした免許を持っている人物に限ります。その他には、警察署に引き渡すやり方もあります。

遺品整理で銃が出てくると驚きますし、中には珍しい遺品だから残しておこうとされる方も少なくありません。登録をしないで銃を保持するのは違法なので、まずは警察署や私達遺品整理業者にご相談ください。万が一遺品の銃や弾が制限を超えている場合でも、遺族にその責任が追及されることはありません。

処分に困る遺品の処理は遺品整理のプロに相談を!

銃、日本刀などの危険物の他にも、処分するのに困る遺品は存在します。いくら不要だからといって、そのままごみとして捨ててしまうのは気が引ける場合は供養してから廃棄処分するなどのサービスもあります。遺品が多過ぎて整理できない、大きな家具や家電を持ち運ぶのが困難などの場合も私達にお任せください。ご相談とお見積りは無料でさせていただいているので、最初の時点で費用がハッキリと分かります。もしも可能ならば即日対応もできますので、早急に遺品整理をしたい場合にも大変便利です。また、まだ価値があるものについては買い取りも行っているので、無駄に捨ててしまうよりは故人もよろこばれるのではないでしょうか。

遺品の中に危険物がある場合は、みだりに触らない、よく分からない相手に譲るのではなく、まずは私達プロにご相談ください。安心安全に処分いたします。

処分に困る遺品の手続きや処理にお悩みの場合はリクエストまでお任せください。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!