家人が亡くなり家がゴミ屋敷に!遺品整理のほかに必要な片付けは?


足の踏み場も無いゴミ屋敷を片づけるにはどうしたらよいのでしょうか、もしも特殊清掃が必要ならば自分達だけで抱え込まない方がよい理由があります。遺品整理をしたいけど、手が付けられない方はご覧ください。

ゴミ屋敷の片づけをしながら遺品整理をするポイント

今やゴミ屋敷は日本全国に数え切れないほど存在しており、仙台でも深刻な社会問題となっています。ゴミ屋敷の家主が亡くなられた場合の遺品整理はどのように行えばよいのでしょうか。ゴミ屋敷の多くは物で溢れ返っています。日用品などに限らず、不用品のごみなどもそのまま家の中に大量に放置されている状態なので、何が貴重品で何が処分するべきものなのか分かりません。

ゴミの中に通帳や不動産、保険関係の貴重な書類が混ざっている場合もあるので、何でもかんでも捨てればよい訳では無いのです。また、害虫や悪臭問題もあり、専門知識の無い方だけでゴミ屋敷を片づけて遺品整理をするのはおすすめできないのです。

ゴミ屋敷の遺品整理で特殊清掃が必要になることも

ゴミ屋敷で孤独死が発生すると、発見までに時間がかかってしまいます。そうなると、特殊清掃が必要なので、ご遺族の方だけで片づけをするのは大変困難です。悪臭がするので窓を開けて換気をしようとしても、近所の住民から苦情が来てしまいますし、きちんとした装備をして臨まないと伝染病に感染する恐れも出てきます。まずは特殊清掃で悪臭を消臭し、害虫駆除をして除菌したうえで遺品整理を行うのが望ましいです。

私達は特殊清掃から遺品整理、不用品回収まで引き受けていますので、ゴミ屋敷の片づけ問題を一気に解消できます。特殊清掃は知識が必要となりますし、専用の消毒液や消臭剤が必要です。決してご遺族だけで無理をなさらないでください。

ゴミ屋敷での遺品整理には専門家の知識が必要です

通常のゴミ屋敷ではない家の場合でも、遺品整理はかなりの重労働で心身共にエネルギーを使います。これがゴミ屋敷となると、亡くなった方の周辺の悪臭や汚物を清掃する特殊清掃も必要です。遺品整理もよく分からないまましてしまうと、大事なものまで捨ててしまう、作業が全く進まない、精神的にかなり負担がかかり追いつかないなどの事態になってしまいます。遺品整理も特殊清掃専門的な知識が必要になる作業な

ので、闇雲に行えばよいものではありません。遺品整理はただ捨てるのではなく、思い出品や貴重品はきちんと遺しておかなくてはなりません。ゴミ屋敷の特殊清掃、遺品整理にお悩みならば、一人で抱え込まずに私達にご相談ください。

特殊清掃が必要な現場は壮絶なものです。しかしその中から遺品整理をしなくてはならない、片づけて大家さんに返さなければならない場合は速やかに行動に移す必要があります。

ゴミ屋敷の片づけを検討しているならリクエストへご相談下さい。

  • まずはご相談ください!地域最安値!365日年中無休で対応可能 仙台/宮城全域・相模原/神奈川全域 TEL 0120-505-224 お見積り無料!ご相談のみも歓迎いたします!